さかい歯科での治療例の一部をご紹介致します
皆様のご参考になれば幸いと存じます
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECOMMEND
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | - | PAGE TOP↑
歯茎のバランスが崩れて審美的障害を生じたケースの対応
category: 審美歯科 | author: sakai-do2
歯茎の位置のバランスを崩してしまい、

審美的な問題を生じてしまった場合の治療例のご紹介 

                    (写真1 症例1 術前)
写真1の様に、前歯が一本だけ長く成ってしまう場合があります。

       原因は、その部分に骨と歯茎が足りない事で生じます。

歯を抜いてから、時間が経つと、その部分の骨が、どうしても退縮してしまいます。

特に、外傷(事故等で強打)や化膿を繰り返して歯を抜いた場合等は、

その部分の骨の退縮量が大きくなる傾向にあります。

骨が少ないと、その部分の歯茎も追随して、退縮してしまいます。

             (写真2 症例1 術前の歯茎の位置の比較)
写真2に示す通り、

歯茎にブリッジの底面を接触させようとすると、

どうしても、歯が長くなってしまいます。

              (写真3 症例1 ブリッジを外した状態)
ブリッジを外してみると、

歯が無い部分の歯茎が凹んで居るのがお分かり頂けるとおもいます。

<では、この部分のボリュームが回復すれば、問題が解決する>

と云う事に成りますが、その方法は幾つかあります。

1、この部分の骨を増やす。

2、この部分の歯茎を増やす。

3、この部分に人工物で増やす。

等が考えられます。

それぞれ、利点と欠点が有りますが、

今回は2番目の歯茎を増やす場合をご紹介致します。

                  (写真4 症例1 術後の状態)
具体的な施術方法は省かせて頂きますが、

要約すると、歯茎を別の部分から移植する事で、

写真4の様に、歯茎のボリュームを増す事が出来ます。

                (写真5 症例1 ブリッジの装着時)
その状態からブリッジを製作し装着すれば

写真5の様に、歯茎のバランスをと整えて、

審美的な問題を解消する事が出来ます。

                        (写真6 症例1 治療前後の比較)
写真6は、治療前後の比較に成ります。

歯茎のライン、歯の大きさを揃えたブリッジで修復する事が出来ました。


似た様な症例をもう一つご紹介致します。

                  (写真7 症例2 仮歯の状態)
写真7では、すでに仮歯が装着されて居ますが、

矢印の部分のボリュームが少ない為に、不自然な感じが否めません。

                     (写真8 症例2 除去時)
仮歯を外してみると、写真8の様に

該当部分のボリュームが少ない事がお分かり頂けると思います。

                     (写真9 症例2 下方観)
角度を変えて、見てみると、さらにお分かり頂けると思います。

さて、

ここでも、問題解決の為に、前の症例と同様に、

該当部分に他の部分から、歯茎を移植しました。

                     (写真10 症例2 術後)
移植後の状態が、写真10の様に成ります。

該当部分の膨らみが増えているのが見られると思います。

                  (写真11 症例2 術後正面観)
正面から見ると、

写真11の様に、歯茎のバランスがとれて来ているのが見れると思います。

この状態から、ブリッジを作成すると

               (写真12 症例2 ブリッジの装着後)
写真12の様に、

歯茎のバランスがより自然に近い状態に成っていると思います。

                        (写真13 症例2 術前後の比較)
治療の前後を比較してみると、

写真13の様に、歯茎の膨らみが増えて、

より自然に近く歯がある様に見えると思います。


失われた組織を人工物ではなく、生体(自分の組織)で再建させる事は、

決して容易な事ではなく、ある程度の限度も有る事でしょう。

しかし、今回の症例の様に、より自然に近ずける事も場合によっては可能に成ります。

これらの治療は、患者様の要求度合いによって必要か否かが分かれてきます。

こうした治療をご希望される場合は、担当医とよくご相談される事をお勧め致します。








http://twitter.com/satoshi17june    さかい歯科のtwitterにリンクします
http://ameblo.jp/sakai-do/    さかい歯科スタッフブログ
http://sakai-do2.jugem.jp/           さかい歯科症例実績紹介 
   
http://www.idaimall.jp/mp4_sakaishika.html  医大モールHPから
http://m.sakai-do.com      携帯電話から
http://www.sakai-do.com       PCから
http://nttbj.itp.ne.jp/0447221837       iタウンページから




 

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
『歯の色』って?何色??
category: 審美歯科 | author: sakai-do2
   『歯の色』・・・・

        って、何色・・・?   だと思いますか?     


こちらの写真は、日本人に比較的多い、一般的な健康な歯の状態です。

色は、どう表現しますか?

            象牙色?

            黄色っぽい白?

            オレンジ色っぽい白?

              なかなか、表現が難しいですね・・・・

それでは、こちらは・・・??


            黒っぽい白?

            青っぽい白?

             これも、ときどき見られる歯の色です。

それでは、こちらは?


              明るい白?

              光った白?



この様に・・・・

「歯の色」と言っても、様々で、一言で表現出来るものでは有りません。

私達歯科医師、歯科技工士はこうした「歯の色」をより正確に表現し、伝達する為に

注意しているポイントが有ります。

1、色  (いわゆる、青い、黄色い、赤い、等の表現)
2、明るさ(歯は自身で発光しませんが、光の反射の程度を表現します)
3、透明度(光が通過する程度です。どの位透き通っているかを表現します)

これらの点を


この様な器具(ガイド)を対象にして、


比較対照する事で、情報を伝達して居ます。

さらに、加えて


歯の白い部分と黄色っぽい部分が一定では無い場合が有ったり


透明感が強い部分とそうで無い部分が混じっている場合や


透明感が強いながら、歯の表面に細かい凹凸が有る為に、

反射光がまばら(ぶつぶつ)に見えたり


縞模様のように見えたり、

様々な、特性や個性が存在します。

この他にも、

歯の大きさや形等も様々有り、

これらの情報をまず私達歯科医師が把握し、

それを、技工士に可能な限り正確に伝達する事で

日常診療が行われて居ります。






http://twitter.com    
                                         satoshi17june


http://m.sakai-do.com                             携帯電話から
http://www.sakai-do.com                       PCから
http://nttbj.itp.ne.jp/0447221837       iタウンページから




comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
前歯の審美性を考慮した症例
category: 審美歯科 | author: sakai-do2
前歯の着色と形態の不良を改善した症例


20代の女性で前歯の変色と、形態の不良を訴え来院された患者様です。


前歯の、2本分は、既に神経が除去されて居り

歯の内部から変色が起きてしまっていました。

神経の残っている歯も、むし歯等で、プラスチックを詰める処置がされています。

歯の形も、気にされて居り、セラミックによる修復を検討しました。


神経を取ってある歯は、根の治療を再度行った後

セラミックによって全体的に被せる方法を選択し

神経の残っている歯は、表面を一層除去し、セラミックを貼付ける方法を取りました。

結果、色調を自然な状態回復し、形態も改善された処置が施されました。


ー このケースのポイント ー

1、確実な審査と診断
2、効果的な治療方法の選択
3、的確な手技を行う事



comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
ハイブリットセラミック修復
category: 審美歯科 | author: sakai-do2
 前歯のプラスチック修復の変色を

ハイブリットセラミックを用いて補った一例


以前に、保険治療で、前歯の間と表面をプラスチックでむし歯の治療を行ったが

変色が強くなり、審美的な修復を希望された患者様


前歯の歯と歯の間と、先端部分に古い修復の変色が有る


古い修復を取り去り

ハイブリットセラミックで修復し直した状態


この症例のポイント

1、削除量は、最小限とし、技工には出さず、一回の来院で、全て院内で作業する
2、もともと、傾斜した歯で有り、この状態からの治療を希望されたため、
  傾斜した状態に調和させる様に修復する
3、しま模様や、白い部分など、特徴の強い歯で有る為、
  調和を取りながら再現する                 等




http://m.sakai-do.com                             携帯電話から
http://www.sakai-do.com                       PCから
http://nttbj.itp.ne.jp/0447221837       iタウンページから

 

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
ハイブリッドセラミック
category: 審美歯科 | author: sakai-do2
 
comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
ホワイトニング
category: 審美歯科 | author: sakai-do2
神経を取った歯と、神経が残っている歯の混合している場合のホワイトニングの例








comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
全顎的な治療
category: 審美歯科 | author: sakai-do2
 

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
All Ceramic Crown
category: 審美歯科 | author: sakai-do2
  
 






comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH