さかい歯科での治療例の一部をご紹介致します
皆様のご参考になれば幸いと存じます
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECOMMEND
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | - | PAGE TOP↑
外傷による歯の破損の症例
category: 歯の外傷 | author: sakai-do2
外傷による前歯の破損を、ハイブリッドセラミックによって修復した症例


飲酒による転倒で、前歯を強打し、破損してしまった患者様


破損範囲は、ギリギリ、神経までは達していなかった。

歯根周囲の骨の骨折等も大きな問題は無かったので

破損した部分のみを、接着性のハイブリッドセラミックによる修復を選択しました。


周囲の歯は、外傷による亀裂(ひび割れ)が有るが、

破損にまでは至っていなかったので、あえてそのままにして

その状態に合わせて、修復を行いました。

ひび割れが残った様な形に成っていますので、審美性の面からは

問題が有ると言えますが、

可能な限り歯を削らずに、自分の歯質を保存する観点からは

良好な結果だと言えます。

しかし、患者様の審美性に対する要求が強い場合には、

他の方法を取らなければ成らないでしょう。

今回の患者様は、審美性よりも、自分の歯を削らない事に重点をおかれましたので、

この方法を選択しました。


ー このケースのポイント ー

1、外傷(けが)の程度を十分に審査診断する事
2、損傷程度に応じた適切な処置方法を選択する事
3、単に審美性の追求だけでなく、患者様の要求や重点をよく話し合う事
4、要求に応じた、最大限の結果を発揮する事






http://twitter.com    
                                         satoshi17june


http://m.sakai-do.com                             携帯電話から
http://www.sakai-do.com                       PCから
http://nttbj.itp.ne.jp/0447221837       iタウンページから






comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH