さかい歯科での治療例の一部をご紹介致します
皆様のご参考になれば幸いと存じます
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
RECOMMEND
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | - | PAGE TOP↑
反対咬合を着脱式矯正装置で治療したケース
category: 小児矯正 | author: sakai-do2
      下の顎が前に出てしまう、いわゆる、反対咬合を   

  着脱式の矯正装置を用いて、正常な噛み合わせに改善した症例    



10才の女児

反対咬合を気にされ、母親と来院


上あごの成長が、下あごの成長より弱く

下の顎が前に出てしまう、いわゆる、反対咬合の状態を呈していた。



写真の様な、着脱式の矯正装置を用いて、

上顎の成長を促す事を計画。


順調に、装置を使って頂いた結果

正常な噛み合わせを獲得する事が出来た。

この時点では、奥の乳歯も生え変わっている。

ー このケースのポイント ー

1、確実な審査と診断が出来た事。
2、的確な治療計画と、装置の装着、調整等の患者様の協力が十分に取れた事。
3、成長に合わせて治療が行えたので、抜歯等の処置を避ける事が出来た。




http://twitter.com    
                                         satoshi17june


http://m.sakai-do.com                             携帯電話から
http://www.sakai-do.com                       PCから
http://nttbj.itp.ne.jp/0447221837       iタウンページから




comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
子供の矯正治療の一例
category: 小児矯正 | author: sakai-do2
乳歯と永久歯の混在した、成長段階における矯正治療

着脱式の矯正装置を用いて、成長に合わせて矯正治療を行った、咬合誘導治療の一例

6才臼歯と上下の前歯がはえていて、他は乳歯の段階で

前歯部が交差した噛み合わせに成ってしまったケース


このまま成長すると、交差した噛み合わせのまま、不正咬合と成ってしまうため

着脱式の矯正装置を用い

上顎骨の成長発育を促進する事で、歯列の大きさにゆとりを持たせる


上顎骨(上あご)と歯列を大きくする事で

歯が列ぶスペースを確保


スペースが出来た段階から、交差(凸凹)した前歯を前方へ移動する


後戻り(元の状態に戻ろうとする)を防ぎながら、他の乳歯の交代と発育を待つ



ー この症例のポイント ー

1、確実な審査と診断が必要
2、着脱式の装置を使用するため、患者様の協力が不可欠
3、成長に合わせた、矯正の進行と調整が必要 等




http://m.sakai-do.com                             携帯電話から
http://www.sakai-do.com                       PCから
http://nttbj.itp.ne.jp/0447221837       iタウンページから


comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH