さかい歯科での治療例の一部をご紹介致します
皆様のご参考になれば幸いと存じます
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECOMMEND
<< 歯の神経まで近い深いむし歯の修復 | main | 携帯用音波ブラシのお勧め >>
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | - | PAGE TOP↑
ラバーダムの使用例のご紹介
category: 歯科の基礎知識 | author: sakai-do2
ラバーダムの使用例のご紹介


口腔内(お口の中)は、唾液や、

口腔常在菌と言われる、細菌が常に存在している状態です。

歯科治療の精度を高める為には、これらの遮断が不可欠です。


例えば、根管治療(歯の根の治療)は、根管(歯の根の中の管)を

無菌化、細菌を居ない状態にする事が必要ですが

治療中に唾液が侵入すれば、一緒に細菌も侵入してしまい

根管治療が、うまく行きません。

また、接着治療を行う際等には、

水分の侵入や唾液によるタンパク質の層が出来てしまう事で

強固な接着が得られなく成ってしまいます。


これらの弊害を除くために、ラバーダムが有効と成ります。


ラバーダムとは、

文字通り、ゴムでダムを作る事ですが

写真の様なゴム製のシートに、必要に応じて穴を開け


治療に必要な部分と、

他の場所とを境界を作り、露出させます。


ゴムシートで隔たれた場所には

唾液の侵入を防ぐ事が出来ます。

この事で、より精度の高い治療が出来る事に成ります。

他にも

切削時の注水がお口の中に入らないので、比較的苦しく無い

事も、利点としてあげられます。



 

                                         satoshi17june  さかい歯科のtwitterにリンクします


http://ameblo.jp/sakai-do/                               さかい歯科スタッフブログ
http://sakai-do2.jugem.jp/           さかい歯科症例実績紹介 
   
http://www.idaimall.jp/mp4_sakaishika.html  医大モールHPから
http://m.sakai-do.com                             携帯電話から
http://www.sakai-do.com                       PCから
http://nttbj.itp.ne.jp/0447221837       iタウンページから




comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク
- | - | - | - | PAGE TOP↑






この記事のトラックバックURL : http://sakai-do2.jugem.jp/trackback/57
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH