さかい歯科での治療例の一部をご紹介致します
皆様のご参考になれば幸いと存じます
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
RECOMMEND
<< 携帯用音波ブラシのお勧め | main | 根尖性歯周炎への対応 >>
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | - | PAGE TOP↑
アマルガム修復の問題点
category: 歯科の基礎知識 | author: sakai-do2
アマルガム修復の危険性

歯科の修復に使用される事が有る

「アマルガム」と云う材料は

「水銀」を主体に、銀、スズ、銅、等の金属を混合して、

歯に詰めて、固まらせるものです。

水銀は、ご存知の通り、身体には、多くの悪影響を与える事はよく知られて居りますが、

他金属と混合し、合金にする事で、単独の状態よりは、大きく安定性を増します。

とは言え、お口の中、身体に、この金属が接触している事で、

健康への悪影響は否めないでしょう。

アマルガム修復は、1800年代から、使われだしたとされ、

金に代わる、安価で使い易い材料として広まった様です。

現在では、世界的に、この材料の危険性は衆知の事で、

実際に使用される事は少なく成って来て居り 、

禁止しているところも、有る様です。

ところが、現、日本においては、公的健康保険で適応に成って居り、

今でも、実際の口腔に使用されているのが現状で、

それを、国が認めている事に成ります。

この事は、大きな問題だと、感じて居ります。

                        (書籍のご紹介)

また、水銀そのものの悪影響はさることながら、

強度的に、非常に弱く、破損等で二次的なむし歯を、作ってしまう事も問題です。

CASE-1



CASE-2


上の、二つのケースの様に、

修復物の破損から、二次的なむし歯に成ってしまい

除去すると、そこには、大きなむし歯が出てくることが多く有ります。

こうした事を防ぐためには、

アマルガムを使用しない事を第一に、

既に行われているアマルガム修復は、除去し、他の方法で修復し直す事が望まれます。

CASE-3


写真のケースの様に、

分子的な接着を応用した、ハイブリットセラミック等の修復は、非常に有効だと考えます。



   


                                         satoshi17june  さかい歯科のtwitterにリンクします


http://ameblo.jp/sakai-do/                               さかい歯科スタッフブログ
http://sakai-do2.jugem.jp/           さかい歯科症例実績紹介 
   
http://www.idaimall.jp/mp4_sakaishika.html  医大モールHPから
http://m.sakai-do.com                             携帯電話から
http://www.sakai-do.com                       PCから
http://nttbj.itp.ne.jp/0447221837       iタウンページから




 

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク
- | - | - | - | PAGE TOP↑






この記事のトラックバックURL : http://sakai-do2.jugem.jp/trackback/59
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH