さかい歯科での治療例の一部をご紹介致します
皆様のご参考になれば幸いと存じます
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECOMMEND
<< アマルガム修復の問題点 | main | 上顎の骨が十分に無い場合のインプラント治療のご紹介 >>
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | - | PAGE TOP↑
根尖性歯周炎への対応
category: 根管治療 | author: sakai-do2
歯の神経が化膿した事で起こる顎骨内の炎症

            (いわゆる、根尖性歯周炎)



不良な根管治療(根の治療)や、虫歯等による歯髄炎を長く放置した場合など、

根管内(歯の内部の管)に細菌が侵入増殖する事で、

根の先端部から外へ細菌が放出されます。

放出されたその先は、顎の骨の内部になります。

そこでさらに細菌の繁殖が進むと、骨の内部で膿を持ち、

まるで「水風船」の様に拡大します。

                      (写真1 症例1、術前)
写真の様に、骨を溶かして外部に拡大すると、

強い痛みを生じる場合があり、かりに痛みがない場合でも、

拡大が進行し、顎の骨を時々失う事になり、いずれ大きな問題に発展します。


<治療方法>

まずは、根管治療のしっかりと行います。

すでに根管治療を行われている場合でも再度行います。

根管内の汚れ、細菌を徹底的に除去したら、充填材でしっかりの封鎖します。

              (写真2 症例1 根管治療終了後約半年)
根管内の細菌の再度増殖を起こさない環境が整えば、

写真2の様に、徐々に骨の再生が期待できます。

この様に確実な治療成果を得るためには、

顕微鏡等を使用した治療方法が必要となる場合も少なくありません。

これについては、以前の投稿等もご参照ください。



症例2

                            (写真3 症例2 術前)
こちらの症例も、過去に行った根管治療が不十分であったために、

根尖部の骨の吸収と膿を持ち、強い痛みを生じた症例です。

即日に、根管治療を開始し、顕微鏡等を用いて、根管内の細菌を徹底的に除去してから、

MTAと云われる根管充填材で封鎖しました。

                    (写真4 症例2 根管充填後約半年)
その後約半年で、写真4の様に、骨の再生が見られました。



しかし、残念ながら、全てのケースでこうした成果が得られるとは限りません。

その場合には、外科的に病巣と原因部分(根の先端部)を切除しなければならない事も有ります。

その様なケースの場合につきましては、また、項を改めさせていただきます。



 
  


 

http://twitter.com/satoshi17june    さかい歯科のtwitterにリンクします
http://ameblo.jp/sakai-do/    さかい歯科スタッフブログ
http://sakai-do2.jugem.jp/           さかい歯科症例実績紹介 
   
http://www.idaimall.jp/mp4_sakaishika.html  医大モールHPから
http://m.sakai-do.com      携帯電話から
http://www.sakai-do.com       PCから
http://nttbj.itp.ne.jp/0447221837       iタウンページから




 

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク
- | - | - | - | PAGE TOP↑






この記事のトラックバックURL : http://sakai-do2.jugem.jp/trackback/60
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH